【宇宙メッセ―ジ】観察者の視点

おはようございます。


本日は「観察者の視点」というテーマで伺いました!


なにかしらお役に立てれば幸いです🙏



あなた方の日々の苦しみや葛藤は、あなた方の思考や感情が作り出したものです

これらのほとんどは本来はエゴによる欲望や不足感がもとになっています

あなた方がその思考や感情にどっぷりとはまっている時

ほとんどの場合、未来や過去、いづれかを考えて不安になったり恐れを感じたりしています

過去にあった苦しみを何度も思い出し反芻したり、

未来に向けて何かをしなければいけないと思いから、焦りや不安を感じてしまう

実際は未来も過去もそこにはなく、人生の「今」という一瞬一瞬があるだけなのに、

そこにあなた方が感情や思考をのせるから、物事がとても複雑に感じるようになります


目の前の現実に、感情や思考をのせずに

「今ここにある、一瞬一瞬」

を眺める癖をつけてみてください


例えば今、あなた方の目の前にある、PCやスマートフォン、目の前の人の顔、木々の揺れ、あなたの手のひら

そのようなものをじっくりと集中して観察してみてください


その瞬間、思考や感情が入る隙がありましたか?


その一瞬一瞬の目の前の現実をとらえようと集中すると、そこに思考や感情が入る隙がなくなります




感情や思考が湧いてきていると気づいたら、すーっと身体を引いて

「それは自分ではなくて思考や感情という別物のキャラクターなのだ」

と、それらを眺めている観察者の視点側にあなたは立ってみてください

思考や感情はなにかセリフを喋っていますか?

その内容は本当に真実でしょうか?

観察者がその物語に興味を持たずにただただ眺めていると

だんだんと思考や感情といったキャラクターは影を潜めていきます


観察者は、今今今を見つめているだけの存在です

観察者そのものになったあなたは、その静かな心や頭の状態で出来事を眺め

ただ「これをする」と決め、を取り組むだけです

そして何か思考する必要がある時は、その観察者のクリアな頭の状態のまま思考します


それらを意識するだけで、あなたの人生の多くの葛藤や不安に注いでいた時間が減っていくことでしょう

よかったら試してみてください


今日もどうもありがとう


【宇宙メッセージ】人の役に立ちたいという真意

おはようございます☺


本日は「人の役に立ちたいという真意」というテーマで伺いました!


ご参考になれば幸いです♪



今日は「人の役に立ちたいという真意」についてお話してみましょうか


あなた方の中には「人の役に立ちたい」とか「人助けができる人になりたい」と思っている方もきっと多くいらっしゃいますね


そのような考えは素晴らしいことではありますが、その思いの根っこにある真意を一度点検する必要があります



例えば本当にシンプルに「人の役に立つ」とは


あなたがあなた自身と一致し、ポジティブな高いエネルギーを発して生きてさえいたら


誰かの役に立とうとなどしていなかったとしても


ただあなたが存在するだけで、そのエネルギーや輝きを受け取った人が


「あなたを見るだけで元気になる」とか「あなたのように生きたいと思う」とか、


勝手にあなたの存在を自分自身に役立てていくのです



しかし、何か自分の内側に


「人の役に立たなければ価値がないと思っている」とか


「人を救うことで自分の承認欲求を満たしたい」とか


あなた自身の


「不足感」


から人の役に立ちたいと思っていると


あなた方は自己犠牲をしてまで人の役に立とうとしたり


役に立ったはずなのに、その不足感が満たされないと不満や怒りを感じてしまったりします



ですので、まずは「あなた自身があなた自身を満たすことが先」なのです



以前も申し上げましたが


自分で自分の愛のコップを満たすことが出来るようにならなければ


その不足感から、次から次に


「自分が助けなければいけない人」


「救わなければいけない人」


を、わざわざご自分で、現実世界に産みだし続けるようになります


そのような方の世界は、いつも誰か困っている人がいて


助けなければいけない可哀そうな人がいる


そのような世界になってしまいます


それは自ら穴を掘って、自ら穴を埋めているような作業であり


本質的な人助けや人の役に立っているとは言えません



ですので、もし人の役に立ちたいというあなたの真意に


ほんの一部でも不足感であるかもしれないと感じるならば


まずはあなたがあなたを満たしてください


そしてその溢れたものを使って、自分を苦しませることなく、与えられるようになることを目指してください



世の中に救わなければいけない人が沢山いるように見えるのであれば


「自分がそれを創っているのかもしれない」


と気づいてください


本来すべての存在は既に力があり、素晴らしい存在です


あなたがもし他者の役に立つとすれば


その人が力がないから助けるわけではなくて


その人が本来力があることを忘れていることに気付くきっかけを与えたり


「それはもう不要な荷物じゃない?」


とヒントを与えたりするくらいでいいのです


「すべての存在には既に力があるんだ」


ということを今一度思い出し、相手を信頼してください


そしてその信頼をもとに、あなたが何かできることをしていく、というスタンスを忘れないように



世の中に力のない人間などひとりとしていません


自分が救わなければ、助けなければ、という思いは


相手の力を軽視した、ある意味では非常に失礼で傲慢な思いであると認識してください


あなた方の不足感からそのような存在を生み出すことのないように


そして、相手には既に力があることを信頼し


それをベースにして人の役に立つ、ということを忘れないように



今日はこの辺で


どうもありがとう


【宇宙メッセージ】これからの生き方と新しい地球

おはようございます☺


本日は「これからの生き方と新しい地球」について伺いました!


ご参考になれば幸いです♪



おはようございます


今日は「これからの生き方」についてお話してみましょうか


今あなた方は様々な時代の変化をみています


あなた方のこれまでの生き様が、鏡のように映し出されているのが現在の世の中です


これは新しい地球に移行していくためのプロセスです


あなた方はこれから新しい地球に生まれ変わっていく、その転換期にいます


新しい地球というのは


真心の地球


こころの地球です


より純粋で、美しい


人々の感性や愛がまばゆい光となって


地球のあちこちで輝くような


そんな、美しい星


今あなた方は、その新しい地球への引っ越しに向けて


余計なものを処分したり整理する


そんな時を過ごしています


ですので過度に不安になる必要はありません


しかし、あなた方がこれまでの地球で


「この生き方は間違っていたなぁ」とか


「これからはもっとこうした方がいいなぁ」とか


あなた方のこれまでの行いや、地球での過ごし方を振り返る時期を迎えています



あなた方の気づきが早ければ早いほど


引っ越しは早く完了します


しかし、なかなか気づくことができずに


いつまでも掃除が終わらず


過去の写真なんかを見てばかりいると


いつまでたっても終わりませんね


どうぞ、新しい地球をどんな地球にしていきたいのかイメージしてみましょう


それは、豪奢ではないかもしれません


思った以上に素朴かもしれません


しかし本質的なところがとてもとても光輝いている


互いの生命を慈しみ、本当に人生を楽しんで


毎日愛と幸せを感じて生きている


そんな新しい地球


あなた方、ひとりひとりが思い描くことができたなら


そのような地球に生まれ変わります


あなた方の思考が新しい世界を作ります


どうぞ気づいた人から新しい地球を語ってください


真の心と、愛の心で語ってください


これは地球の皆さんの課題です



引っ越しの時期が近づいています


あなた方の荷物をもう一度点検しましょう


今日はこの辺で


いつもどうもありがとう


よい一日をお過ごしください


自己否定グセを卒業しよう!自分を愛する練習


「また食べ過ぎちゃった」

「またイライラしちゃった」

「どうせ私なんて…」

ついつい無意識にやってしまいがちな自己否定。


『現実は自分の心の内側の反映』と言われます。

私たち一人一人が自分に優しく、愛することが優しい世界への一歩かも!?


今日は『自己否定グセを抜け出し、自分を愛する練習』についてご紹介してみました!

(画像が不安定&猫がうるさくてすいません)




1、誹謗中傷や差別=自分の内側の戦いの反映??


最近ニュースなどでもよく目にする誹謗中傷や差別の話題。

宇宙的に『現実は内側の反映』と言われます。

ということは、上記のようなニュースをよく見る

⇒自分自身の中に他者に対する非難や怒り、差別の意識がある

根本的には、自分自身に対して非難や怒り、差別の意識がある

ということになります。

あくまで根っこは『自分』

宇宙的に考えると、まずひとりひとりが『自分自身との戦い』を終わらせないと、世界中のあらゆる戦いは終わらないと考えられます。

だからこそ宇宙は常に「愛すること」の重要性を伝えてくるのだと思います。

2、内側の小さな自分と対話する


自己否定をしてしまった時の対処法の一例です。

【やり方】

①自己否定をしてしまう自分をとらえる

②自分の内側に自己否定をしてしまう「小さな子供の自分」がいることをイメージする

③穏やかな心の大人の自分(ハイヤーセルフの視点)で小さな子供と対話する

・どうしてその行動をしてしまったのかな?

・どうしてそう思うの?それは本当かな?

・本当はどうしたいの?

・何か言いたいことある

・ほかの対処法を一緒に考えてみようか?

・どんな君も大好きなんだよetc

※小さな子供の自分が安心して話ができるよう、決して怒ったり否定せずに行ってみてください。

3、世の中は集合意識でできている


個人的にはこれを自分でやってみると、いかに自分が自分にひどいパワハラをしていたか実感しました(笑)。

自己否定は無意識にしてしまいがちですが、それをし続けるといつまでも自分に自信がつかなかったり、新しいことへチャレンジする勇気などがなくなってしまいます。

世の中は集合意識でできていると言われます。

ひとりひとりが少しずつでも自分に優しくなることで、世の中全体にその優しさが派生していくかもしれません。

動画では具体的な例を交えてお話しています。

ぜひ、難しく考えず、試してみてください♪